株式投資の失敗や悩みをサポート

株式投資の手法や体験談を紹介

【定年後の株投資】英国のEU離脱による暴落で恐ろしい経験をしました。


私は62歳です。2年前に定年退職をし、今は定職にはつかずのんびりと暮らしています。株式投資は私の父もやっていたので、若いころからいつかやってみたいと思っていました。定年退職を機に自由になる時間もでき、余裕資金も若干ですができたので、株式投資を始めました。

退職金で初めて購入した株が英国のEU離脱の影響で大暴落

取引にあたりどこの証券会社を使うか悩みましたが、手数料の安さにひかれて、ネット証券にしました。まずは初めてということもあり、1,000,000円を投資しました。200,000円前後の株を4銘柄から5銘柄選びました。最初の1か月は、大きな損失もなくとても順調な滑り出しでした。

ところが、6月のイギリスのEU離脱の時のことです。前日までイギリスのEU離脱は、ありえないと言われ、株価も上がっていくと信じていたのに当日になって、その判断が逆転しました。すると急激な円高になり、株価も大暴落です。

私は怖くなって、持っている株を全部売却してしまいました。300,000円位の損失が出ました。このまま持っていたら、お金が消えてしまうという思うとどうしたらよいのか、相談する人もいなかったので不安でたまらなくなったのです。

その後、まさかの何事もなかったかのように株価は回復

しばらくすると円も円安に振れ、1か月くらいで株価も戻ってきました。私は暴落を乗り切る勇気も見届ける勇気もなかったのです。それから2か月くらいは株投資はやめていました。

すぐに不安になったり、儲けようとする気持ちばかり先に立つのでは、株投資をする意味はないと思いました。でもしばらくすると、利益を生み出すのは損失もあるのは当たり前と思うようになったのです。

損失より少しだけ利益が多ければ、プラスになると思えた時、私はもう少しだけ株投資をしてみようと思ったのです。700,000円が300,0000円になってもこれは人生勉強と思って、頑張ってみようと思いました。 

怖がっては何もできない。欲を出さず株価の動きに冷静に対処することが大切だと学びました

トランプ大統領が就任してから、アメリカの株価はすごく上がっていきました。アメリカの株を買えばいいかな?とも思いましたが、とりあえず自分の残った資産で株を3銘柄くらい買いました。

北朝鮮問題などの地政学リスクでもすぐに株価は変動します。アメリカの株価にも日本の株価はすぐに反応します。また、株価は為替の変動でも大きく上下に動いていきます。

自分では理解できないようなことがいっぱいあるのですが、今はイギリスのEU離脱の時のようなすぐにうろたえてしまう気持は薄らいできました。いろんなことで株価はすぐに変動するけれど、すぐに手放すということはなくなりました。

株式投資は本当に難しいと思います。冷静に判断できる能力を備えないといけないと思いました。おかげさまで現在は、何とか1,000,000円近くにまで戻りました。これからはあまり欲を出さず、楽しみながら株式投資できるようになりたいと思っています。

スポンサーリンク



お問い合わせ

お問い合わせ

月別アーカイヴ

カテゴリー

サイトマップ