株式投資の失敗や悩みをサポート

株式投資の手法や体験談を紹介

【主婦の株体験】自分は投資には向かない性格だと悟りました


私は46歳の主婦です。通信教育の添削をしています。添削員の仕事もお給料は少ないし、外で働くほど丈夫な身体ではないけど、やはりお金が欲しいと思いました。まず銀行の利子が安いので、主人とこれからは分散投資するしかないという話をしていました。

主人の希望で私が銀行に行って外貨を買って(ユーロ、ドル)暫くおいておいたら上手く為替差益が出たのです。でも銀行では手数料が高いので、これからはネット銀行や証券を使おうという話になりました。

専業主婦で時間もあったので、株のデイトレーダーを目指しました

株式投資の話が本格的になったのはこの頃です。夫婦で株式投資をすると喧嘩になるので、私は独身時代のお金で夫は夫が持っているお金でそれぞれ口座を開設して始めました。

私はほぼ専業主婦なので、デイトレーダーをいきなり目指しました。割とせっかちな性格なので、その日のうちに稼ぎたいという思いが強かったのです。

勿論その為に雑誌を何冊も読みましたし、新聞も経済欄を読むようになりました。新聞を読むことは勉強にはよかったと思います。

私の独身時代の貯金は沢山はありませんし、株式投資に使うお金は50万を上限と決めていました。なくなっても大丈夫なお金として使いました。

デイトレードの成績は良くなく、夫からも向いてないと言われたので辞めました。

私のデイトレーダーとしての成績は散々でした。最初は少しは儲けていたのですが、とにかくチキンなので朝買った株が少しでも上がればすぐに売ってしまうし、少しでも下がれば売ってしまいわずかながらも損益を出してしまうので、結局プラスマイナスゼロくらいの成績になってしまいました。

毎日遅くまで働いていた夫にデイトレードの愚痴を話していたら,夫がうんざりして「向かないんじゃない?」と言われました。冷静になり、「やっぱりそうだよね」と納得してデイトレーダーは辞めました。

長期投資に転向したけれど、せっかちな性格が影響しうまくいかない

デイトレードで失敗してからは長期投資でやることにしました。それにしても50万だと欲しいけど買えない株が結構あってもどかしかったです。ちょっとだけ上乗せして買おうと思った株があったのですが、リスクを考えて諦めました。結構迷いました。

その後私が目をつけた株は急上昇しました。数年後にみたら凄く高くなっていたので、自分の判断にがっかりでした。その株は今も高いと思いますが、見たくもありません。

今度は長期的な株で配当の利回りがいいもの、もしくは株主優待のいいものを探すことにしました。私が目をつけたのは○○電力でした。確かに配当金もそれなりに頂いていました。東日本大震災となり、どんな結果だったかは口にしたくありません。

私は株のことは身内以外には話さないのですが、あっけらかんと話す知り合いがいて、彼女は日航の株を持っていてすべてがパーだよと笑っていました。上には上がいると自分を慰めました。結局○○電力の株式を損切りして売ってしまいました。もうすべての株式投資をやめようと思いました。

自分が手放した後に上がってしまった株をみたくありません。

私は両親から大手電機メーカー(今も一応順調な会社)の株を頂いていました。一番高い時に買ったので、これも悩みの種でした。これはずっと持っていたのですが、すべての株式投資をやめたいという思いから5分の1くらいの値段で売りさばきました。

その後アベノミクスで株式が上昇したのです。損切りした株の値段を見たら気分が悪くなることこの上ないので、見ないようにしています。

私には株式投資には向かない性格なんだと思い知らされることばかりで、骨折り損の草臥れ儲けとはこのことです。自分に長期的な視点がなかったことが一番の反省点です。でも反省しても性格は変わらないので、当分は株式投資はこりごりだなぁと感じています。

スポンサーリンク



お問い合わせ

お問い合わせ

月別アーカイヴ

カテゴリー

サイトマップ