株式投資の失敗や悩みをサポート

株式投資の手法や体験談を紹介

【株式投資体験談】ぶっちゃけデイトレードなんてやらないほうがいい。

デイトレでお金を稼いでやる!と気合入りまくり

デイトレードを始めたのは今から10年前です。当時25歳だった私は、株で一発あてて億万長者になろう、などとほかの多くの人と同じように夢想していました。

ネット通販の仕事を個人でしていて、そちらで生活費は稼げてました、なので、九時から三時は株式投資、夜と週末はネットの仕事をすれば、効率的にダブルワークができるように思えたのです。

そしてそれから十年が経ちました。結果から言いますと、最初の三年は負け、中の三年はとんとん、最近の三年は勝ちということになります。ならいいじゃないかと思われるかもしれなません。

ただ、そもそも若い大事な時代に果てしない時間を使ったにもかかわらず、七年目までプラスにならないというのはとんでもないことだと思います。

もちろん、私に努力やセンスが足りなかったといわれれば否定はできませんが、それでも、もっと稼げたのに、よりもよくもまあ破産しないでなんとかここまでやってきたな、というのが正直な感想です。

デイトレは忙しい割りに収支が安定しなかった

勝ちといいましても、日単位では負ける日はいくらでもあります。年間の収益だって、せいぜい七桁前半といった程度です。

自分のデイトレードは基本的に朝の数十分しかやらないスタイルなので、時給でいえば悪くないかもしれません。それでもこのくらいの収入ではむろん本業にはなりえませんし、明日そのほとんどを失うかもしれません。

私はフリーランスですので、朝の時間をトレードにまわすことに支障はありません。しかし、多くのサラリーマンの方にとってはこの時間にトレードをすることはきわめて難しいことだと思います。

「趣味でやっていた株で稼げたので会社を辞めた」などという人をたまにみかけることがありますが、ほんとうにお勧めしません。自己資金でやる投資や投機は、ほかの大多数の仕事と異なり、収入が最悪ゼロならまだしも、マイナスになることのほうが多いです。

数年間株に専心し、毎日トレードして勉強しても、年収がマイナスになることがほとんどなのです。私はデイトレードに限定しているため、朝起きたら保有株が暴落して含み損が積み上がっているということはありませんが、一般の投資ですとそんなことは往々にして起こります。

100万いれた株が一日で5%下げるなんてことは当然のようにありますが、一気にマイナス5万円です。月に数十万負けるくらい痛くも痒くもないという人はいいかもしれませんが、ほとんどの人はそうではないと思います。

デイトレは軽い気持ちでやるものではない

デイトレードを十年やってきた者としてはっきり言います。株は初心者が軽い気持ちでやるにはリスクが大きすぎ、リターンを得られる可能性がとても低いです。

それならもっとほかの副業を探したり、趣味を充実させたり、本業に力を入れるほうがはるかに賢明な選択だと思います。

儲かっている人の話しかメディアには出ません。ですが、実際は九割の人が損をしており、少なくない人が立ち直れないほどの精神的、経済的痛手を負って、去っていくのが相場の世界です。

もちろん稼いでいる人もいるでしょう。でもそれは将棋の棋士でも、芸能人でも、作家でも、いつもひとにぎりです。大多数の人はそこに希望をかけながら無駄に時間を浪費しているのが現状なのです。

私は今もフリーランスですし、大事な時間をここまでトレードに費やしてしまった手前、これからもやりつづけるのだと思います。でも、まだなにもやっていない方がこれから何かを始めるのなら、それは株ではないほうがいいと思います。

私がもし25歳に戻れるのなら、株なんてやらずにふつうに企業に就職すると思います。それが今の私の本音です。

スポンサーリンク



お問い合わせ

お問い合わせ

月別アーカイヴ

カテゴリー

サイトマップ