株式投資の失敗や悩みをサポート

株式投資の手法や体験談を紹介

【株式投資体験談】もっと早くプロ投資家から技術を教わっていればよかった

ある記事を見て、資産運用の重要性に気づいた

一部上場企業に勤め、今年で50歳となりました。二人の大学生の子供と妻の4人家族で生活しています。

結婚して子供にも恵まれた頃に、人生について改めて真剣に考えるようになりました。そんな時にとある記事に出会ったことが、私が株式投資を始めたきっかけになりました。

その記事によると、頑張ってこのままサラリーマン生活を続けていても、将来は住宅ローンや子供の教育費をやりくりするのに精一杯。それでも何とかこれを乗り切ったころには、細々とした年金生活が待っているのみ。

一部上場企業で働いている自分の身の周りの方々を観察してみると妙に納得感があったのを今でも覚えています。確かに子供の教育費は大切です。住む家も大切です。

考えれば考えるほど今のままではいけないと思った

でもそれだけで家族は本当に幸せになれるのだろうか。もっと家族のためにたくさんのことをしてあげたい。次第にそんなことを心の中で強く思うようになりました。

子供たちには貴重な経験をたくさんつませてあげたい。海外留学で海外の文化にふれる。本物を知る。もっともっと成長の機会を作ってあげたい・・・

いつも家族を太陽のようにあたたかく包み込んでくれている妻には、もっともっと素敵な洋服をプレゼントしたい、大好きな趣味を思う存分楽しんで欲しい。美味しいものをたくさん食べさせてあげたい。一緒に成長できる機会を作っていきたい・・・

とにかく家族のために何とかしたい。そのためには、当時の給料だけでは全く足りませんでした。そこでこのままではダメだと一念発起して株式の世界に一歩足を踏み入れることになります。

株式投資で損失の連続を経験

まず初めに野村證券に口座を作りました。口座がなければ株式投資はできませんからね。

そして見よう見まねで初めて買った株式は、証券口座を開設した野村証券株。
2180円×1000円=218万円

すぐに値があがり、わずか数日間で10%ほどの含み益となりました。しかし、その後は逆に値が下がり続け今度は10%ほどの含み損。もうダメだと思い損切りを決断。
1930円×1000円=193万円

結果として、25万円の損失。この損切をした直後にまたその株の値があがるというありさまでした。ネットや本を読みあさり、何度か株式を購入するも損ばかりの連続でした。

人気のある評論家が推奨する銘柄を買っているのに、なぜ利益が出せないんだろう?株式投資で利益を上げている人はどうやって売買をしているのだろう?

そんなことを考えている中、あるプロ投資家と出会うことになります。株式の「売買技術」についてネットで情報を提供していたプロの投資家が初めて勉強会を開催するとのことでした。

プロ投資家の株式投資の技術を見て感動。すぐに自分のトレードにも参考にした

わらをもすがる思いで参加をしてみると、目からうろこの連続でした。なぜ自分が利益を出せないでいたのかが一瞬にして解決できました。

・そもそも株式投資に「技術」が必要だという認識がなかったこと
・技術を学ぶためには、どのような学びが必要であるかを全く知らなかったこと
・利益を出すことばかりを考えて、損失を少なくするという発想がなかったこと
・株式売買の技術を磨くには、それなりの努力が必要であること

こうして現在では、株式売買で利益を出せるようになった今、さらに技術を磨くためには、銘柄選択の技術を深めていきたく思います。世界経済・金利の動向によって、まずは業種ごとの株価の動きが変わってきます。

さらには同じ業種の中でも個別銘柄の動きも変わってきます。これらをしっかりと見定める実力を磨いていく必要性を感じています。

さらに私は、普段はスイングトレードとポジショントレードを中心に売買をしています。日々の売買を振り返ると、仕掛けるタイミング、仕掛ける株数の割合など自分の売買ルールをさらに磨く必要があると感じています。

今後もしっかりと学び、銘柄選択と株の売買技術を磨いていきたく思います。

スポンサーリンク



お問い合わせ

お問い合わせ

月別アーカイヴ

カテゴリー

サイトマップ