株式投資の失敗や悩みをサポート

株式投資の手法や体験談を紹介

株か仮想通貨投資を始めるならどっちがいい?両方経験してみて感じたこと。

投資は資産形成に役立つ


これから投資を始めて、将来のために資産を築いていきたいという方も多いと思います。

投資といえばまず株をイメージしますが、2017年に入ってから投資関連のニュースはビットコインなどの仮想通貨を中心によく目にします。

今回は実際に株と仮想通貨のどっちも投資を経験してみて、それぞれに対してどのようなスタンスで取り組むべきか感じたことをご紹介できればと思います。

私が投資を始めた理由

投資を始めれば、これまでの自分には手が届かないと思っていた程のお金を稼げる可能性があると知ったからです。

仮にサラリーマンとして頑張って働き、出世して部長なれたとしても、一般的に年収は高くても1000万円ぐらいではないでしょうか。もちろん生活していくには充分でしょうが、何年も勤続し、成果を残し続けてからやっともらえるお金です。

さらにサラリーマン全員が部長職になれる訳ではありません。部長の椅子が何席も空いている訳もないでしょうし、そこまで登れるのは能力的にもかなり優秀な方です。

そういったサラリーマンの実態をみて、投資で成功することの方がよっぽど現実的で夢があると感じました。なぜなら投資は正しく学べば勝てるようになるし、基本的に儲けられる金額に上限がないからです。

例えば、10万円を元手に10%の利益を出すことができれば、利益は1万円です。1万円では生活できん、ダメだぁぁ!ということではありません。元手が100万円に増えた時、10%の利益を出すことができれば10万円の儲けを手にすることができます。

投資は大きく資産を増やせる


投資に回せる金額が大きくなればなるほど、大きな利益を狙っていけます。投資金額によっては毎月100万単位の利益を稼ぐこともできます。

つまり、今お金がなくても正しい投資の技術やノウハウを学び資産を増やしていくことで、将来的にサラリーマンとして普通にもらえる給料以上を稼ぎ出すことができることに魅力を感じました。

そして投資はサラリーマンの副業としても取組むことができます。間違いなく、やらない選択肢はないなと思いました。

株はどうか?

株って聞くとまさに投資の王道という感じの響きがしますね。私も初めての投資は株からスタートしました。

株は資産形成に最適だと感じています。株を保有していることによる配当金や株主優待があったりしますので、優良な会社の株を保有しておくことも有効だと思います。

ただし、株はスイングトレードによって利益を積み重ねていく方法の方がおすすめです。なぜなら、配当金等で生活ができるレベルになるには非常に大きな資金が必要になるからです。

株はスイングトレードによる資産形成におすすめ


特に資金が少ない間はある程度の売買回数をこなし、資金効率を上げて利益を積み重ねていくべきだと思います。

さらに株は一部の銘柄群を中心に値動きに癖がある銘柄があるため、予想が立てることができるからです。しっかり勉強すれば、上がるか下がるかの運試しでなく、狙ってコツコツ利益を重ねていくことができます。

私は株を始めた当初、毎日毎晩色んなニュースをチェックして、色んな企業の業績をチェックして、調べることがたくさんあると思っていました。しかし、株トレードにおいては基本的にはチャート分析のみでも大丈夫です。

毎日ニュース等のリサーチに時間を割かず、チャートを見て判断できるため、日中の仕事忙しくても、仕事が終わってから時間を取れば、取り組むことができます。

<チャート1:パンローリング㈱提供>

チャートの読み方を勉強することは必要


もちろん正しくチャート分析ができるようになるまで勉強する時間は必要です。勉強せずに投資にチャレンジしても、100%確実に損することになると思います。

「あなたは何もせず、お金を受け取って下さい」系の誘い文句に感動してしまう人は、詐欺師の餌食にされてしまいますから。もちろん私はそれくらいはやってのけた経験があります←w

一生勉強し続ける必要はないかもしれませんが、勝つための努力がめんどくさくてできない場合はおすすめできません。本を読んだり、セミナーに参加し基礎知識を身に着け、チャート分析できる力を身に着ければ大丈夫です。

仮想通貨は値動きが魅力だがリスクもある

仮想通貨は株やFxに比べて日々の値動きが非常に大きいです。先日(2017年12月)もビットコインが約240万円まで上昇しました。2017年1月には約7万円だったことを考えると信じられないような伸び率です。

実際に私も2017年夏ごろから仮想通貨に投資を始めてみて、半年ほどで約10倍に増えました。もっと早くから始めていた方は数十倍や百倍を達成した方もいると思います。2倍や3倍になった方は私の周りにも結構たくさんいます。

しかし、今のところ値動きがかなり激しいので、投資初心者が短期的に売買するのはリスクが高いと感じています。大きな上昇がある一方、30%や40%以上の下落も頻繁にありますので、購入した数日後には大きなマイナスを食らってしまう危険も高いです。

<チャート2:コインチェック㈱提供>

仮想通貨はどうか?

2017年は仮想通貨の年でした。ビットコインを中心に多くの仮想通貨が数倍~数百倍に上昇しました。この値動きは魅力的です。

ここ数年間で仮想通貨は有名通貨であればほぼ全て右肩上がりに成長しています。そしてその上昇幅が非常に大きく、仮想通貨市場は今後もさらに伸びていくと予想されています。

下がったら押し目をつけまた上昇し、高値を更新していくという動きを繰り返しています。

<チャート3:コインチェック㈱提供>
上がり幅が凄いですね。

仮想通貨は急落リスクもあるため中長期投資が良い

仮想通貨投資に取り組むなら数ヶ月~数年保有するような中長期投資のスタイルがいいと思います。なぜなら、上下の値幅が株や為替に比べ相当大きく、急落してしまう可能性も高いです。

実際に一日の取引量の多いビットコインですら30%以上の下落することもあります。

2017年の仮想通貨市場は凄まじい右肩上がりの成長をみせました。買って保有していればほぼ全員利益が出せている相場でした。仮想通貨は今後の世界を変えていく技術である可能性は秘めています。しかし、まだまだ取引の相場状況は不安定であることは確かです。

基本的には「ゼロ」になってしまってもいいと考えられる範囲の投資資金で、安くなったところを買っていくという中長期投資の戦略をとるべきだと思います。

土日も仮想通貨市場は動いている

仮想通貨市場は土日も含め一年中ずっと動いています。株式市場のように土日祝日は市場が開いていないということはありません。

平日忙しいので、夜間や土日にトレードをしたい方にはいいかもしれませんが、一年中24時間動いていると気持ち的にも休みづらくストレスがかかります。

短期トレードのつもりでポジションを持つと、絶対に値動きが気になります。ただでさえ仮想通貨市場は値動きが激しいので、毎日資産の増減を気にしてストレスをためるのは心にもよくないです。

土日や週末に落ちついて、その週のトレードを反省したり、翌週以降の戦略を立てることで健全なメンタルで日々過ごすことができます。だからこそ中長期前提でゆったりとトレードするというスタイルでやることがおすすめです。

価格が下がったときにはチャートを確認しながら買い増しするかどうかを検討するという感じです。その際に買い増す金額についても、特に初心者であればあるほど「ゼロ」になってしまってもいい、という気持ちで入れられる金額で検討することが大切です。

少額でも勝負しやすい


「ゼロ」になってしまってもいいと思いつつも、利益は出したいでものですよね。仮想通貨投資は1万円や2万円でも十分利益を狙うことが可能です。

急落が怖い一方で、上昇しだすと数日で倍になったりする勢いがあるのは魅力です。

まずは「coincheck銘柄」と呼ばれるようなメジャー通貨に投資してみて、値動きを観察してみるといいと思います。

結果どれがいいか?

やはり力を入れて取り組むのは安定性のある株トレードの方がいいと思います。将来、資金が増えてきた時のことを考え、株トレードでうまく資産形成できるよう勉強し実戦しておくことは必ず役に立ちます。

そのうえで資金に余裕があれば仮想通貨を中長期で保有してみるというのがいいのではないでしょうか。1万円や2万円からの少額でも取組んでみるのがいいと思います。

株も仮想通貨も慣れてきたら口座資金を増やせばいいですし、まずは実際にお金を入れてやってみないと感覚が身につかないですから。

まとめ

・投資は資産形成に大きく役立つ
・株は勉強すれば値動きを読みやすいため、必ずやるべき
・株は配当金等ではなく、トレードで利益を狙うのが良い
・仮想通貨は少額でも利益を出しやすいので、できれば始めるべき
・仮想通貨は値動きが激しいが、まだ将来的にも伸びていく可能性が高い
・仮想通貨は少額で中長期投資から始めてみるのがいい

結果、どっちもやるべきというのが私の考えですwどっちか選べと言われたら、やはり株の安定性が魅力なので、取り組んでおくと将来的に役に立つと思います。

それぞれの特性に合った投資戦略を取ることがポイントですね。特に仮想通貨は資産を全力投球!なんてのは避けたほうがいいと思います。

値動きが激しく、土日も市場が動いていますからリスクは高まります。余裕資金で長めに持つ前提でやることで、日々の値動きに翻弄されず、うまく資産を増やしていくことができると思います。

お問い合わせ

お問い合わせ

月別アーカイヴ

カテゴリー

サイトマップ