株式投資の失敗や悩みをサポート

株式投資の手法や体験談を紹介

【株式投資体験談】日本株は分散投資がやっぱり大事と実感

会社をリストラされた不安の中、退職金で株式投資を始める

私は50代の男性です。会社をリストラされて早期退職をしました。給料には恵まれていなかったので、退職金に上乗せがあリましたが、それでも2000万円ちょっとの資産しかありません。

まだ50代前半だったリストラ直後、再就職もままならないので、一部の資金500万円を日本株に投資することにしました。まだ日経平均がようやく1万円を超えた頃の話でした。とりあえずスーパーゼネコン、当時90万円ぐらいで買えた〇天堂。スマホアプリで急成長の会社。そして利回り重視の4大総合商社を少しずつ購入。人任せの投資信託には全然興味がありませんでした。

後は契約社員やアルバイトで生活費を稼ぐ日々が続きます。だんだん貯金も減って来ましたが、何とか最低限の生活は確保していました。50代で息子みたいな正社員の年齢の上司に使われる。これはプライドがそんなに強くない私でもこたえました。

世論に振り回され、早すぎる利確をしてしまう

だからこそ、株式投資の配当金や含み益が少しずつ上昇して行くことが小さな楽しみでした。元棋士の桐谷さんには遥かにレベルが低いけど、日本株がじりじり上がって来ることは、楽しみの一つになりました。

でも私はここで悔やんでも悔やみきれない失敗を犯しました。当時もう再生の見込みのないと言われ続けて、社長も亡くなった〇天堂の株式を売却したのです。そのときの利益は20万円程度でした。

その利益でスーパーマーケットや生活用品の会社株を購入しました。株主優待が目的でした。その後ほどなくして〇天堂の株価はポケモンGOやスイッチでうなぎ上り。あのまま保有していたら、数百万円の儲けがあったのにと悔やんでもあとの祭りです。

株式投資のための情報取集の一環で、図書館で投資関連の雑誌を読んでいましたが、改めて無責任な記事が多いことを実感しました。

有望な銘柄に分散投資することが利益に繋がる

雑誌では〇芝なんかも褒めていて、推奨の株のひとつでした。ところが、不正の発覚により大暴落しました。私はたまたま〇芝株には手を出さなかったので被害はありません。

今は日系平均が2万円を超えてバブルになっていますが、私が期待して保有していたIT株は3分の一に激減しました。その代り他の会社の株がそこそこ上昇して配当もついて、利益は残りました。一銘柄に集中投資していたら、大変な目にあっていたかもしれません。

何とかトータルでは利益を出すことができていますが、日経平均の上昇率には遠く及ばない結果となりました。ただそのまま銀行に貯金しているだけでは利息は殆どつきません。日本株投資で期待した株では裏切られたり、運用に失敗しましたが、さして期待していなかった会社の株で救われました。

やっぱり少ない金額でも、失えばマズイお金は分散投資すべきです。毎日株価の変動に一喜一憂していた自分が馬鹿に思えて仕方がありません。とにかく長期保有で有望な銘柄に分散投資。このスタイルで配当金なども狙う運用をして行こうと思っています。でも、今のバブルもいつかは崩壊する。このタイミングの見極めが時期がまだまだ難しくわかりません。

スポンサーリンク



お問い合わせ

お問い合わせ

月別アーカイヴ

カテゴリー

サイトマップ