株式投資の失敗や悩みをサポート

株式投資の手法や体験談を紹介

【株式投資体験談】夢のデイトレ生活は落とし穴がいっぱい

一昨年、第二の職だった警備員を退職しました。巡回と受付業務の単調で刺激の無い生活と安い給料に、こんな生活をしていては駄目だと見切りを付けました。

しかし、50代後半で何の取り柄も資格も無く人脈も無い私に、再就職の道はいばらの道で、遅々として再就職先は見つからないものでした。

そこで細々と行っていた株式投資でデイトレを始めました。SBI証券、楽天証券に口座を開設し、信用取引口座も申し込みました。一昨年の2015年、前半は市場環境が良く日経平均も上昇していました。恐る恐る株式投資を始めた私も簡単ではありませんでしたが、よく利益を出すことができました。

専業トレーダーとなり、デイトレ生活していこうと考えた

トレード一本で生活していこう!と私は思いました。この調子でやって行けば、株トレードだけで生活して行ける、デイトレ開始3ヵ月で確信していました。

しかし、ビギナーズラックはたった3ヵ月のあっという間に終了しました。中国の人民元切り下げをきっかけに欧米、中国世界の主要な株式市場は暴落、日本市場も大きな下げを食らいました。

デイトレ中心にトレードしようとしていましたが、メンタルのブレから全て一日で決済するわけでなく、スイングトレードに転換してしまいました。1週間2週間と持ち越すことも良くありました。もっと儲けようとか、損を確定したくなくてじっと耐えたのです。

これでは勝てるわけもありません。この下げは株式市場に停滞して、私の投資の損益は一気にマイナスになってしまい、儲けるどころか資産の食い潰しが始まりました。

下手なトレードの連発で、資産を減らす一方に・・

「これではいかん」とじたばたとあちこちの銘柄に手を出して、損失を拡大しました。損切も出来ずに呆然としていたら追証が来ました。ああこうして、下手なトレーダーは損をするんだなと思いました。

その後も原油価格の低迷からオイルマネーが日本株を売っているとかで相場は低迷、損失は益々拡大しました。200万円を元手に始めた投資は最初の三か月で300万円に増やすことができましたが、最終的には130万円まで減らしていました。

私は一旦下げ相場になると駄目なタイプだと気付きました。損切が出来ない。ずるずると引きずって損を拡大する。耐えきれなくなって手放すと株価は反転する。反転する様子を見ていると悔しくなってまた他の銘柄に飛びつく。飛びついた銘柄はまた下げる。真に悪循環です。

株で難しいのは売り時ですね。儲かっている時はまだ上がるような気がして持っていると下がってしまったり、この辺が売り時かなと思ったら上がり続けたり。下げる時も同じです。損失が拡大するので売ったら上がりだすし、下げに耐えていればどんどん下げる。難しいものです。

株トレードでは目の前の材料に踊らされてはいけない

笑えない損もありました。目を付けていた銘柄が場中に上方修正の決算を発表。株価は一気に上昇、飛びついたら売りと買いの操作を間違え、買いを入れようとしたところを売りで入ってしまいました。間違いに気づき、直ぐ買い戻しましたが、一瞬で2万円損しました。

しかも、直後に材料出尽くしでその株は暴落、何のことはない間違って出した売り注文はそのままにしてれば儲けていたのです。損と儲けは紙一重ですが、その差は大きいです。

デイトレを始めて二年が経ちだいぶ慣れましたが、やはり株式投資は明確なルール決めが大切だと感じています。エントリーからエグジット、利食いや損切のポイントを決めておかないと、目の前の株価の動きに翻弄され、頭を抱える毎日が続いてしまいます。

スポンサーリンク



お問い合わせ

お問い合わせ

月別アーカイヴ

カテゴリー

サイトマップ