株式投資の失敗や悩みをサポート

株式投資の手法や体験談を紹介

【株式投資体験談】株主優待券の内容変更による株価暴落を経験しました。


私は現在34歳のアルバイト店員です。私が株式投資を始めたきっかけはテレビで株主優待について説明していたからです。

銀行に預けるよりも割りのいい株主優待をもらえたり、期末配当金をもらえることがとても魅力的に感じました。銀行に預けても毎年微々たる利息しかつかないのならば、株主優待や期末配当金をもらえるような資産運用をして、お金を増やしたいという気持ちになりました。

私が体験した失敗は株主優待券の内容変更をきっかけとした株価の暴落でした

私は株式投資を始めたばかりの頃からずっと持ち続けていた株がありました。ある雑貨店の株式でした。

毎年1万円分の商品券が届いて、一回に好きな枚数使用できるという本当に魅力満載の株主優待でした。しかし事件は突然起こりました。

突然IRが掲載され、翌年から2000円ごとに一枚(1000円分)使用できるという内容になったのです。そうすると今までのようにタダ同然で買い物することができなくなり、1000円は自分の現金で支払わなければならなくなりました。

その会社の株はその日の夜間取引から大きく下落しました。私も自分でお金を払うほど欲しいものがないようなお店の株主優待だったので、仕方なくマイナスになりましたが全株処分しました。

毎年楽しみにしていた株主優待だったので、すごく悲しい気持ちになりました。

暴落を体験して感じたこと

失敗して思ったことは株主優待はいつ変更になるのかわからないという危険も存在することです。私が株を保有していた会社は晩年赤字企業で年々売り上げも減少していました。

いつ株主優待が廃止になってもおかしくないなとは薄々気づいていました。その時に売ってしまわずに、なんだかんだ今年も優待もらえるだろうと甘く見ていたことが失敗を生んだと思います。

やはり業績の悪い会社の株式は危ないなと自分で感じた時点で売却することが大切だと思います。自分勝手にいい方向にポジティブに考えるのではなく、いつどんなリスクが訪れるのかということを見極めて株式投資を行わなけれななりません。

自分の資産を守るためには、投資先の財務状態をしっかり確認しておくことが必要

いくら株主優待が魅力的であっても、いつ廃止になるのかはその会社の人にしかわかりません。突然発表されて、暴落に巻き込まれてしまっては今までもらっていた株主優待が台無しになってしまいます。

株式投資は自分に厳しく的確な判断力が求められます。その会社に投資する前に業績や財務状況のチェックをして、この会社は大丈夫だという確信を持てる会社にしか投資しないようにしようと失敗から学びました。

魅力的な株主優待を実施している会社ははたから見れば優良企業で軌道に乗っていると思われますが、全ての会社がそうではないことに気づかされる体験でした。

スポンサーリンク


お問い合わせ

お問い合わせ

月別アーカイヴ

カテゴリー

サイトマップ