株式投資の失敗や悩みをサポート

株式投資の手法や体験談を紹介

【株式投資体験談】会社を早期退職したく、株式投資の勉強に励んでいます。

年齢的にも簡単に次の職場へ転職という風にも考えられません

私は40歳の会社員です。二度の転職を経て、今所属している不動産会社で営業事務職として働いて15年経ちます。

宅地建物取引士という不動産関係の仕事には欠かせない資格を持ってはいるものの、年齢的に転職は厳しい状態です。人口が減る中、受注も少なくなりつつあり、給料もさっぱり上がりません。

社内の雰囲気も悪く、仕事もつまらない状況が続いていました。とにかく早期退職したいなあと思いながら日々仕事をこなし過ごしていました。

本屋で目にした株式投資本がきっかけで、再び株式投資に興味を持ちました。

そんな時、何気に本屋さんで目に飛び込んできたのが株式投資の本でした。もともとパチンコなどのギャンブルも好きだった私は、投資に対する恐怖感や偏見はありませんでした。

しかも、トレードをするにあたり面倒な口座の開設は既に済ませていました。思い返せば15年前、今の会社に入社して間もなく経理部に配属された際、会社の帳簿をつけるうちにオーナー社長がしていた株式投資や投資信託などで物凄い利益を出しており、何気に興味を持ったのが口座を開くきっかけでした。

当時はデイトレの知識もなく、友人が務めてる会社や国策だからとジェネリック系の会社など、その会社のことはよく知りもしないのに投資し、売り方も知らないという残念ななんちゃって投資家でした。

過去に株式投資をろくに勉強もせずなんとなく投資し、失敗した経験がありました

チャートの見方などもちんぷんかんぷんの状態でした。薬局に行ったら、配列されていた商品が気に入ったからここ買ってみよ~など財務諸表や四季報なんかも見もしない感じでした。

そんなに儲けもせず、でも意外にも損をせずという感じで、楽しさも続かず、塩漬けというか貯金のように放置したまま配当金を貰う感じで口座はたまに見るくらい。そもそも当時は独身で実家暮らしだったのでお金に無頓着でした。

結婚を期に儲かってる分の株式と投資信託はすべて利確して、マイナスの分だけプラスに転じるまで持っておこう。。。と3銘柄だけ残しておきました。

そしてこのことを後日、反省することになりました。まずは残しておいた銘柄のうちの一つが、倒産というかたちで紙切れに…というか株券がないから紙切れにもならないんですよね・・・。

封筒で中に一枚紙が入って郵送されてきました。日本航空です。そして東京電力。こちらは配当金が2%と大きく、安定した株価で放置していたのですが、東日本大震災で大暴落しました。

これは失敗ではありますが、自然災害という予測不能な出来事が原因だったので、やはり儲けとリスクは比例するんだな、と株式投資を続ける限り仕方ないことだと思っています。

現在はつまらない仕事からの早期退職を目標に、株の短期トレードに真剣に取り組んでいます

そして何かあったときにすぐに対応するにはやはり常に世の中に対してアンテナを張っていないとダメだと悟りました。そして現在は昔のことを反面教師にし、なるべく短期トレードを軸に投資しています。動機はやはり、つまらない仕事からの早期退職です。

決まった時間に出勤し働き、理不尽なことに耐え、お金の為に働くことから抜け出したい。時間的にも金銭的にも自由になりたい。年齢を重ねるに連れてこの思いは大きくなりました。

かといって誰かに自分の人生をゆだねるのはいやだったところ、たどりついたのが「株式投資」でした。自分の力で、トレードで稼いで一日も早くリタイヤ、もしくはセミリタイヤして趣味や遊びで人生を楽しむ。

そのために、世の中の動きに敏感になるよう常にアンテナを張るように心がけています。いまはまだ思うように稼げてませんが、日々勉強という気持ちで取り組んでます。

スポンサーリンク


お問い合わせ

お問い合わせ

月別アーカイヴ

カテゴリー

サイトマップ