株式投資の失敗や悩みをサポート

株式投資の手法や体験談を紹介

【株のおすすめ手法】サラリーマンや主婦、日中忙しい方こそスイングトレード!

株式投資は人それぞれのスタイルに合わせた投資手法を選択できる


一口に株の投資手法といっても様々なものがあります。少しでも株式投資のことを調べられた方であれば、スイングトレード、デイトレード、中長期投資の三つは聞いたことがあると思います。

この中で稼ぐためにはどの手法がいいのかとはいっても、人それぞれのライフスタイルにより異なります。三つの投資手法はどれでも正しく投資を行うことができれば、成果をあげていくことが可能です。

ここではこの三つの投資手法の特徴を比較しながら、私自身の株式投資経験も踏まえ、”なぜスイングトレードがおすすめなのか”を解説させて頂きたいと思います

短期間でも大きな利益をとることができるスイングトレード

スイングトレードはエントリー(株を買ったり売ったり)してから1日~約1、2週間以内に決済をしていく手法です。エントリーした後は、翌日以降も利益が伸びる可能性が高い限り保有し続け、伸びないと判断したタイミングで決済をしていきます。

主にチャート上ではロウソク足の日足を用いてトレード判断を行います。日足をベースにして判断を行うため、基本的には日中の9時~15時中のザラ場に張り付かなくてもできる手法です

ちなみに私自身、日中はサラリーマンとして働いていますので、このスイングトレードをメインの取引手法としています。基本的には仕事中にザラ場は見ていません。サラリーマンや主婦、昼間に仕事がある方でも余裕をもって行うことができる手法です。

個人投資家の中でも神様的な存在であるBNF氏もこのスイングトレードを主体として資産を増幅されました。ただし、彼の場合は物凄い数の銘柄を監視し、毎日大きな資金を動かしてトレードをしていたようです。ネットなんかで調べてみると、資産160万円から株式投資を初めて、数年で資産百億を超えたと言われています・・まさに株式投資の神様ですねw

一日のうちに決済し、利益を積み重ねていくことができるデイトレード


デイトレードは株の売買をその日のうちに完結させる手法です。一日に複数回エントリーをし、細かく決済をしてコツコツと利益を積み重ねていきます。一度エントリ-した銘柄はその日のうちに決済をし、基本翌日にはポジションを持ち越しません。

主にチャート上ロウソク足の分足を用いてトレード判断を行います。分足ベースのトレードであるため、ザラ場を監視しながらトレードを行う必要がありますつまり日中にもトレードにお時間を使える方でないと難しいです。デイトレードはザラ場を監視しているため、急激な動きに対するリスク管理も行いやすいメリットもありますが、昼間お仕事のある場合はなかなか監視するのも厳しいです。

専業トレーダーにはこのデイトレードで資産を築きあげた有名な方が多い気がします。ただし、細かく売買を繰り返す必要があるので、やはり大前提として日中は時間に余裕があり、ザラ場を監視できる方向けということになります。

将来有望な企業に対して投資していく中長期投資

%e4%b8%ad%e9%95%b7%e6%9c%9f
中長期投資は基本的には決済するペースは数ヶ月〜数年保有していく気持ちで投資を行っていきます。また中長期投資は、バリュー投資(その投資家が考える本来の価値への投資)とも表現されます。業界や会社の業績・特徴を分析しながら、将来価値が伸びていくと考えられる会社に投資していく手法です。

ロウソク足などのチャート分析をしつつも、企業分析にも力を注ぐことになります。本来的には企業価値が高いと判断できる会社が、株価に反映されていないタイミングから株を保有し、企業価値に等しい株価になったと判断したタイミングで決済します。基本的には四季報などで業績や会社の将来像を予想しながら、株価が安いうちに買って高く売ることを目指します。

株式投資ではスイングトレードが最も有効だと考える理由


夜にチャートを見るだけで利益をだすトレードができるから。私としてはこれがスイングトレードの魅力だと思います。皆さんはどのようなことを求めて株式投資に取組まれるでしょうか。

今よりも少しでもいいから稼ぎを増やしたい。株式投資を極めて、常に勝てるようになりたい。お金持ちになって自由気ままに暮らしていきたい。私はまさにこんな感じです。

これから株式投資で資産形成をし、ゆとりのある生活を実現していきたい方にとって、まず1番に習得すべきはスイングトレードだと思います。理由としては、スイングトレードは忙しい方でも労力を少なく、利益を伸ばすことが可能な手法だからです。

そしてチャート分析のみで利益を獲得していくことができます。新聞読んだり、ニュースチェックしたりする必要がないです。全てチャート上に現れる情報のみでトレードすることができます。

ザラ場を見ずにその日に出来上がったロウソク足を使い、チャート分析をすれば大丈夫です。会社員や日中忙しい方は昼間を仕事等に没頭して時間を使い、家に帰ってから夜にチャートを確認し投資判断を下す。これで十分に戦っていける手法がスイングトレードです。さらにスイングトレードは早ければ、一泊二日等のタイミングでも決済を行っていくこともできるので、資金効率がいいことも魅力です。

中長期投資ではダメか?

%e4%b8%ad%e9%95%b7%e6%9c%9f%e3%81%a7%e3%81%af%e3%83%80%e3%83%a1%e3%81%8b
私が中長期投資しない理由は、資産を増やすには、資金効率の面も考えないといけないからです。仮に将来株価が数倍になると考えて投資をしても、いつ数倍のレベルまで値上がりするかは誰にも正確にわからないです。

だから、数日単位で利益を出し、その得た利益を元手に加え、また投資に回すことができるスイングトレードの方が資金効率が良いです。私のような普通のサラリーマンや資産の少ない方には中長期投資は効率が悪いと思います。

当然、中長期投資もヘボな投資法ではないと思います。世界で最も有名な天才投資家、ウォーレン・バフェット氏はこの投資手法で大富豪になりました。経済や企業を見るレベルの高い目があれば十分可能だと思いますが、バフェット氏は世界一の資産家で天才ですから、普通の人には難しい部分もあるかもしれません。

デイトレードも疲れるので却下

%e7%96%b2%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%a7%e5%8d%b4%e4%b8%8b
デイトレードもおすすめはしません。私も株式トレード自体は大好きですが、個人的には将来は株式投資で作り上げた資産を背景に、ゆったりと自由に暮らしたいからです。自由求めとるんやとwデイトレードは時間が束縛される分、メインの手法として極める気はしないかなという感じです。実際、株式投資よりも趣味や遊びに時間使えた方が楽しいですよね。(矛盾するようですが、僕は株式投資は大好きです!)

最近はネットやSNSなどが発達していることにより、企業速報ニュースや過熱している銘柄の情報を元に機動力を生かしたデイトレード主体の短期投資も流行っています。以前は私もそのような情報を毎朝毎晩必死で集めて、トレードを行っていました。

ゆったりと無駄のない株式投資が理想

しかし、流行りの情報や銘柄はどんどん変わりますし、凄まじい量の情報を見すぎてしまうと、そこから投資判断を下していくことは精神的にもハードです。長い目で見て、将来的にも戦っていける手法を先に極めた方がいいなと感じました。

後は現在、日中忙しい方にデイトレードはリスクが高いです。過熱している銘柄は上げ下げの動きが激し買ったり、大きな資金を持った投資家に相場を操作をされやすい部分もあるので、監視していないと危険な部分があります。

日中は仕事や趣味に没頭している間に、株に働いといてもらう。そして夜にチャートを確認する時間を作り、翌日の注文を出しておく。これができるスイングトレード目線での株式投資がいいと思います。
%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0

株のおすすめ手法:ポイントまとめ

(1)資産を増やすには中長期投資よりも、資金効率を意識した短期の投資法が良い
(2)ただ、デイトレードは日中監視する時間がない方はやらないほうがいい
(3)日中忙しい方でも、余裕をもって行えるスイングトレードがおすすめ
(4)まずはスイングトレード目線でのチャート分析を極めることに注力することが大切

私自身もスイングトレードを主体とし、チャート分析の技術を身に着ける努力をしたおかげで、トレードの基礎が身についてきたなと感じています。毎日仕事が終わって帰ってから、必ずその日のチャートを確認する時間を作るようにしています。株価の動きが予測しながら、日々トレードができるようになりました。

まずはスイングトレード主体でチャート分析の技術を身に着けることに注力するのがいいと思います。チャート分析を極めておけば後々、デイトレードや長期投資にも応用していけるので、やはりチャート分析は大切だなと日々実感しています。

お問い合わせ

お問い合わせ

月別アーカイヴ

カテゴリー

サイトマップ