株式投資の失敗や悩みをサポート

株式投資の手法や体験談を紹介

株式投資は副業として成り立つ?忙しいサラリーマンでも稼ぐことは可能?

サラリーマンが副業で稼ぐには?なにをするべきか

学生を卒業し、サラリーマンとして働き始めると若手のうちは毎月の給料は生活費や飲み会等に費やすことになり、娯楽費にはほとんど残らないぜ…という方も多いかと思います。少し会社でキャリアを積まれた方なら生活費には困らずとも、趣味や子供の養育費等を考えると大変な部分も多いのではないかと思います。

月に2~3万円でも余裕資金があると、楽になるのではないでしょうか。私自身はサラリーマンとしての給料だけでは余裕のある生活ができるとは思えませんでした。収入を増やすにはどうすべきか、もっとお金稼いで楽に生活したいなあ…と毎日モヤモヤと考えていました。

そうは言っても、どんな仕事が副業に向いているかやお金の稼ぎ方等を全く知りませんでした。そこで色々とネットや本で調べたり、セミナー等に参加し実際に稼いでる人に会いに行ったり情報収集を行っていきました。

%e6%8e%a2%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b

サラリーマンの私が株式投資を副業に採用した理由

現在の私はサラリーマンとしての本業の傍ら、株式投資に取組んでいます。株式投資を始める前はサラリーマンの仕事もあるので空いた時間を利用でき、将来にも繋がり、できる限り肉体労働ではないことで稼ぎたいというわがままな考えのもとで、何を副業にするか検討しました。

株式投資ならパソコンやスマホでできるし肉体的にも疲れたりしないので、サラリーマンの仕事にも影響がなくやれると思いました。また、将来的にも普通のサラリーマンから大きなお金を稼げるようになるには、株式投資を極めるしかないと考えました。

投資関係でいうと、Fx等も選択肢にありましたが、Fxだと一日中価格が動いているので心休まる時間が無くなるのではないかと思いました。また、Fxは大きなレバレッジを効かせて投資ができる分、元本割れをするリスクが高いイメージがあったので、株式投資を副業に選択しました。

私は株式投資であれば、社会人としても役立つ海外情勢や日本経済、企業の動きを監視することになるので勉強にもなると考えました。実際に経験してみても感じましたが、サラリーマンや投資に関する専門知識が乏しい場合は、まずはFxより株式投資の方が馴染みやすく勝算が高いと思います。

まずは少額の投資資金から株式投資を始めた

kabuka

よし、こっから株でバリバリ稼ぎますか!、、と言っても、貯金もしていなかった状態からのスタートだったので、投資資金は僅か7万円から始めました。株式投資はお金がないとできないと考えていましたが、意外に7万円でも買える株がいくつかありました

初めは企業業績などを確認した上でこれは良いと思える銘柄があり、思い切って買いました。ビギナーズラックもあり、すぐに5000円程の利益が出せました。その後は新たな銘柄をチャンスと思ったら購入し、値上がりすれば決済という単純な取引を繰り返しました。

株式投資を始めた当初の目標、口座入金額100万円に到達

そこから半年程経ち、私の株式投資の口座入金額は100万円を超えました。(これは何度か口座へ入金をしたので、利益だけで100万円ではないです(;´・ω・))この時期に私は、最初の目標だった口座入金額100万円を達成したことで、ここからもっとスピードを上げて、一気に儲けたいという思いが沸き上がっていました。

それまではファンダメンタル的にも企業体質がよく、株価も安定して右肩上がりに上昇している銘柄を選択していましたが、株価値上がり率ランキング上位の銘柄を監視するようにしました。瞬間的に勢いよく値上がりする銘柄を調べ、あるルールに基づいて狙った銘柄を買って、早めに決済をしていく手法を取りました。これがなぜか一時期儲かりました。

値上がりランキングなどに出てくる銘柄はあっという間に値上がりすることも多いため、2,3日で大きな利益をとれることもありました。その当時の日経平均の値動きが上向きだったことも後押ししてくれ、1日に2~3万円程度の利益をいくつかの銘柄で出し、資産をどんどん増やしていくことができました。

自己流(まぐれ)で稼いだ分は一気になくなりなりました

これはいける!完全に私は勘違い丸出しの大馬鹿トレーダーになっていました。この勘違いがその後、当然落とし穴となりました。この手の銘柄は値上がりが早い分、下がる時もあっという間に下がります。

買ってからすぐは大きな利益が出ていたはずなのに、少し目を離すと逆に大きな損失に早変わりしている事もありました。さらに、出来高が少ない銘柄を売買したために、買った後に売り抜けられないという悲惨なことも経験しました。

そういった状況になった時に、「ここらで反発して盛り返すかもしれない」、「まだ昨日勝った分がチャラになっただけだ」「この銘柄で○円の値幅を取ればプラスにもっていける」などとわけのわからない自分本位なことを考えていました。

その日の負けを早く取り返したいがために、とにかく数多く下手なエントリーを繰り返した結果、損失を出し続けてしまいました。
%e6%9a%b4%e8%90%bd%e3%81%8b%e3%81%84

勝てない手法を実践し続け、本業にも悪影響を与えた

アベノミクス期の常に上昇傾向だった相場状況は崩れ始め、私の固定的な手法が通用しなくなっていました。この時期、本当にエントリーしたら損失を出す連続でどんどん資産を減らしていたため、株式投資に対して初めて恐怖を覚えました。

毎日損失は出すけれど、それでもここで株式投資から逃げてはいけないと自分を奮い立たせていました。サラリーマンとしての仕事中も株価が気になって、チラチラとスマホをチェックする癖がついていました。

戦略的に見ているわけではなく、気になってスマホを見ては一喜一憂するだけの日々が続きました。

一体、自分は今まで何を学んで株式投資をやっていたんだと思いました。副業として、お金を稼ぐためにやっているのに、株の勉強のために時間もお金も減らしてしてる上に、実戦でも損ばかりだったのでぐったりしてましたw

unadareyarou

株式投資を副業にして稼ぐには、”株式投資成功者の技術”を学んでおくべき

私はその手も足も出なかった時期の経験を反省し、株式投資に対する取組姿勢を見直しました。また日中の仕事中以外の全ての時間を株式投資の勉強に集中させました。

さらに自分が負けまくった時期にも勝ち続けることができていた人たちがいることを知り、悔しくも驚きました。

そこで、次回は同じ失敗はしたくないと思い、実際に株式投資で成功されているプロの方のセミナー等にも足を運び、株式投資の成功者の思考法に少しづつ自分を近づけるように努力をしました。

その後、株の良き先生の教えがきっかけとなり、
株式投資というものは
・「株式市場の動きの法則」を理解し、
・「正しい売買手法」を学び、
・「練習」を積めば積むほど負けなくなるもの

だということを学びました。

え?株式投資で練習っすか??株式投資経験者でもあまり馴染みのない言葉だと思います。私は全くありませんでした。スポーツや芸術じゃあるまいし練習って…と思っていました。しかし、実際にその方の言葉通りでした。

練習というのは株の技術を頭で学んですぐに実戦に向かうのではなく、自分の学んだ手法や考えた手法が実際の相場に通用するのか入念に検証するということです。この練習の過程が甘かったために私は負けた理由がイマイチ掴めていませんでした。今は株式投資は練習をすればするほど負けなくなるんだということを確信しています。

mituketa
株式投資の知識を株式投資で成功している人から学び直し、練習を続けた結果、毎月安定して数万円の利益を出せるようになりました。サラリーマンとしての仕事中にも株価が気になってスマホを祈りながら見守っていたり、無駄にドキドキしたりすることは一切なくなりました。

現在も仕事を終えてからの時間や休日を利用しながら「練習」に励み、月単位で負けることがなくなってきました。今後も「練習」をサボらなければ、私の過去のように負け続ける日々がくることはないだろうと思っています。

自分の生活リズムにもあった手法を選ぶこと

株式投資成功者の方から手法を学べたことで、なによりも一番自分が変化したと感じる部分が精神面です。株式投資をするにあたって焦りが全くなくなりました。

もっと一気に儲けたい。今日出した損失を早く取り戻したい。直近で動きがありそうな材料株やマル秘情報はネット上にないかな。このままで本当に勝てるのかとか。こういった欲やマイナスの感情がなくなりました。

私は日中はサラリーマンの仕事があるのに、仕事中にも株を売り買いするような手法をとっていました。日中の株価の動きに気をとられてそわそわすることばかりでした。

自分の”生活リズムに適した勝てる手法”を学べたおかげで精神的に非常に楽になり、仕事にも集中でき、株式投資を副業として利益が出せるようになりました。

株式投資は正しい手法を学べば、サラリーマンの副業として抜群の収入源になってくれる

ziyuu
私の教わった手法では基本的にザラ場(9時~15時の間)を一切見なくてもトレードすることができます。つまり本業のサラリーマンとしての仕事にも全く支障がありません。仕事が終わった日の夜や、翌日の出勤前に株価をチェックし取引注文を出しておくパターンも可能です。株式投資は実際に取り組んでみて、サラリーマンの副業にできると感じました。

株式市場の動きの法則・正しい売買手法を学び、練習を積めば、どんな相場になっても勝ち続けることができることを体感できました。いつでも自分の狙い通りの投資ができるようになり、とても楽しくなってきます。

私自身、株式投資は副業としてお金を稼ぐために始めたのですが、今では専業トレーダーを目指したいと思うくらい株式投資が好きになり、本気で取り組んでいます。

お問い合わせ

お問い合わせ

月別アーカイヴ

カテゴリー

サイトマップ