株式投資の失敗や悩みをサポート

株式投資の手法や体験談を紹介

2万円や3万円の低資金からでも始められる!株式投資で儲けるためのポイントは?

株式投資を始める時の初めのハードル…

株を始める時って意外と立ちはだかるハードルが多いですよね。「私も株で儲けたいけど、〇〇証券とか〇〇分析とかなんか難しそうやしやめとこかな・・」ってなっている人も多いと思います。

「ちょっと興味はあるけどお金がないの…」「数百円数千円でもいいから毎月儲けたいなあ」など、株に興味を持つきっかけとしてはやはり儲けられるか、お金を稼ぐことができるのかが大きなポイントになってくると思います。そもそも株とか投資とかってある程度お金を持っている人たちが嗜むものじゃないのか?って考えている人もいるかもしれません。

意外と株式投資は身近なもので、証券口座を持っていれば、低資金からでも始めることができます。今回は株式投資を低資金でも儲けていくにあたってのポイントを私なりに解説させて頂きたいと思います。

低資金でも株式投資を始めることが十分可能

ソニーやトヨタ等の様な日本を代表する大企業に関しては、株価が数千円とか高い株が多く、手を出しにくい部分もあるかと思います。しかしながら、株式市場には日本中の企業がたくさん上場しており、株価が200円代とか300円代の銘柄も存在します。

各銘柄によって、最低購入株数が決まっていますが、例えば100株単位が最低購入株数で株価200円程度の銘柄であれば、200円×100株=約2万円と比較的お手頃に購入することができるということになります。

新興市場や東証二部に上場している低単価の銘柄を選択する

新興市場(マザーズやJASDAQ等)や東証二部に位置している企業の株は単価が安い銘柄が多くあります。新興市場や東証2部を対象に銘柄探しをしてみると、比較的安価な銘柄が見つかりやすいと思います。

新興市場に属する銘柄の魅力はその成長性にあります。実際に短期間の間に数倍に急上昇するものもよくあります。自分で発掘して購入した銘柄で大相場に乗っていけたときは快感が待っています。

ただし、新興市場に位置している銘柄にはこれから企業規模を拡大していこうと努力途中の会社も多いです。念のため、新興市場に属する株は業績面や財務体質には注意深く確認し、リスク管理しておく必要があります。

売りたいときに売れない?出来高が少ない銘柄には注意

出来高とは株式市場で取引されている株数です。この出来高が少なければ取引が少ない、多ければ取引が多いと考えることができます。この出来高が少ないような銘柄であるほど、値動きが不安定で株価の変動が大きくなることが特徴です。

出来高が少ないと、大きな資金力のある投資家が株価を意図的に動かせてしまいますし、株を買いたい時に売りたい時に買えない・売れないという状況にもなります。株を売買するという視点で考えると、出来高もチェックしておく必要があります。

%e8%a8%98%e4%ba%8b%ef%bc%91%ef%bc%92%e3%80%80%e6%9d%bf%e3%81%ae%e4%be%8b

上記の参考画像ですが、日々の出来高の少ない銘柄(左側)と出来高の多い銘柄(右側)の違いが分かるように引用しました。画像左側を見ていただくとわかるように、出来高が少ないと株を売買したい人が少ないため、取引価格にも穴が開いてしまいます。

もし、自分がこの左側の株を持っていたとして、390円ピッタリで売りたいと考えても、この状況だと387円以下でしか買い取っていくれる人がいないということです。右側のような出来高の多い銘柄だと売買したい人が多いため、自分の売りたい価格で売ることができます。

出来高が少ないと不規則な動きになりやすい

%e8%a8%98%e4%ba%8b12%e7%94%a8%e6%9c%80%e5%be%8c

上記2つの例としては、わかりやすさ重視で、相当極端な下落・上昇した場面の株価チャートを引用してきました。掲載した企業が悪いというわけでは全くありません。ただ、株取引をするにあたっては日々の出来高が少ないと、このように急激な変動が起こりやすいことがあるので、注意が必要ということです。

良いニュース・悪いニュースに敏感に反応するところが新興株の一つの魅力ではありますが、出来高のチェックも含め、リスク管理には注意していきましょう。具体的には毎日安定的に出来高が100万株を超えるような銘柄であると比較的安心だと考えています。少なめの銘柄としても最低30万株は欲しいところです。盛り上がっている時だけ出来高があるのではなく、出来高が安定して多い銘柄がいいです。

実は2万円~3万円で買える、手ごろで安心な東証一部銘柄もある

業績や出来高のリスク管理に対する気持ちを少し和らげてくれるのは、東証一部上昇の大型株です。厳しい東証一部上場基準をクリアーした会社の株は、基本的には財務体質面は安定しているといえます。日々の株取引も非常に活発なので、出来高が多い銘柄がほとんどですので、株価も安定的なものが多いです。

今回のケースでは唯一の難点に感じるとすれば、低資金で始めるにあたっては株価が高い銘柄も多いというところです。しかしながら、実はこの東証一部上場の中でも、2万円や3万円の低資金で購入できる銘柄もあります。例えば、音響メーカーの6773パイオニアの株価は200円台、メガバンクの一つである8411みずほフィナンシャルグループの株価は100円台と以外にも日本を代表する企業の中にも低資金で購入できる銘柄はあります。(2016年9月 現在)

短期間で大きな値幅は狙わなくても、安心感を持ちながら低資金で少しずつ株で儲けてみたい!という方は東証一部の出来高の安定した銘柄群で、株価の低い銘柄にチャレンジしてみるといいかなと思います。資金が少ないうちからも東証一部の安定した銘柄の動きに慣れておけば、大きな資金で勝負できるようになった時にも安心感を持ちながら、大きく儲けることが可能になってくるからです。

証券会社によって異なる、取引手数料には注意

低資金で始めようという方にとっては取引手数料も注意するべきポイントです。要は、株取引をする証券口座をどの証券会社で開くかというところです。利用する証券会社によって、取引する際にかかる手数料にも差があります。

なぜなら低資金で株式投資を始める場合、元金が小さい分どうしても大きな利益を狙うことは難しくなります。小さくコツコツと積み重ねることを目標としなければならない中で、コツコツ手数料を支払い、手数料のせいで負けてしまった…ということになると本末転倒です。本当にもったいないです。

今回の低資金でも株式投資で儲けられるかという視点で考えると、例えば、現在(2016年9月)松井証券であれば、一日10万円までの取引であれば手数料0円です。これだと手数料で負けた!ということはまずないですね。低資金から株を始める方にとっては強い味方になる証券会社だと思います。

ちなみに私自身は普段GMOクリック証券を利用しています。私は株取引には信用取引を利用してるのですが、1回の取引が数十万円規模になっても、100円という安価で行えるからです。また、取引金額がさらに大きくなってくると手数料が無料になるので、こちらも低資金でも手数料負けしない証券口座だと思います。

低資金でトレーニングしておくべき理由

株式投資を低資金から始めることはいいことだと思います。なぜなら株式投資は儲かるだけでなく、損してしまう可能性もあるからです。いきなり大きな資金を投じると、大損してしまう可能性があります。

初心者のうちはしっかりと投資について学び、考えて、試行錯誤しながら取り組んでいくのがいいと思います。株式投資が上達してきたときに、後押しできる体力や資金力を残しておく方がスムーズに儲けていくことができるからです。

例えば、元金が5万円だったとして、毎月10%の利益を獲得できる手法をマスターできれば、毎月5000円を儲けることができます。これが将来お金が貯まってきた時に、同じ手法で元金を50万円で運用すれば、毎月5万円儲けることが可能です。

株式投資では元金が多ければ多いほど有利ではありますが、元金はあっても投資手法が成り立っていなければ儲けることはできません。だから、お金を貯金しつつ並行して投資手法を確立していくことも大切だと思います。

後は、株のことが少しづつ理解できてくると、実際にいろんな銘柄にお金張りたくて仕方がなくなります。初めから大きなお金を投資してしまうと、あれこれと浅く不明瞭な理由でいろいろな銘柄に手を出し怪我しやすくなるので注意しましょう。(これは体験談ですw)

株経験が浅いのにあれこれ手を出すのはやめ、ぐっとこらえましょう。株式投資でコンスタントに勝ち続ける勝ち組投資家は少数派です。普通の人が流されやすいところはぐっとこらえて自分をコントロールし、学びを優先することが将来の勝ち組への道だと思います

株を低資金で始めて儲けるために注意するポイントは!:まとめ

(1)2万円や3万円という低資金でも株式投資で儲けることは可能
(2)出来高の多い東証一部上場の低価格銘柄を扱うことで、安全に儲けることができる
(3)特に低資金のうちは手数料の安い証券口座を利用し、手数料負けを防ぐ
(4)いきなり大資金で勝負するよりも、低資金でのトレーニングが間違いなく有効

書いてみて、意外とハードルの数はそんなになかったかもしれませんねwやはり始めるにあたっての一番ハードルとなり得るのは「株って儲けることできるの?」→「難しそうやしめんどいからやめとこ」という流れでしょうか。

難しいか、儲けられるかというのは、結論的には努力と工夫次第ということになります。実際に株式投資で負けた経験もある人もいれば、何十年と株式投資のみで生計を立てている投資家の方々もいらっしゃるので。

株式投資は将来に不安を感じる方もチャレンジしがいがあると思う

ただ、株に関してはすでに勝ち続けている成功者がいるっていうのは大きいですね。そこには必ず勝つための理由や根拠が存在していることの証明でもありますから。その方々の裕福で自由な生活を知ってしまうと、チャレンジしてみたくなりますよね。

最近はかつての超大企業でも業績が落ちてきてしまったり、リストラが増えてきていたりとと将来に不安がある方も多いと思います。一流企業に属していても、不安を感じる方も多いです。

そうなると株式投資のような個人でも戦っていける経済活動は大切です。株式投資は社会人でも学生でも取り組むことができますし。お小遣いを稼ぎたい、将来は株式投資のみで生計を立てて自由に生きていきたい!という方には今のうちからチャレンジしがいのある分野だと思います。

お問い合わせ

お問い合わせ

月別アーカイヴ

カテゴリー

サイトマップ