株式投資の失敗や悩みをサポート

株式投資の手法や体験談を紹介

【株式投資体験談】従業員持株会以外での投資が失敗でした。

マンションの売却益をもとに、初めて持株会以外での株式投資にチャレンジしてみた

従業員持株会以外での初めての投資が失敗でした。私は43歳の男性会社員です。株式投資に関しては入社以来持株会での自社株購入以外はしていませんでした。

ところが元々所有していたマンションを売却したことで、かなりの売却益が出たために将来のことも考えて、株式投資に資金をまわそうと言うことになったのです。投資できる金額としては1000万円程度があったのですが、失敗したのはこれを浅はかな考えで投資にまわしてしまったことでした。

定期預金や保険、子供の学費等全てを考えた上で投資金額を考えればよかったのですが、何を思ったか500万円以上投資に回してしまいました。それも、車株以外の投資をしたことがないにもかかわらず、なんとなくで銘柄を選んで購入してしまったわけです。

なんとなく選んだ初めての株式投資は当然失敗・・・・

その時本当に情けないことですが、株主優待と中長期的、長期的に見たときどれだけ上がりするのかも考えていませんでした。子供たち2人は中学から大学まで一環の私立に通うことになり、現金が重要になることがわかってきたのです。しかしながら、500万円以上の株式投資をした結果、100万以上の損益が出ていました。

この状態で株式の売却を行うのは非常にもったいないのですが、子供の教育費を当面支払っていくためには現金が必要になってくるわけで、やむなく目減りが少ない銘柄についてだけ売却することにしました。

それからも、株式については上がり下がりがありましたが、結局持株会で保有している自社株以外は損益が出たままでまで来ています。株式投資が100パーセントの値上がりを見込んだものでは無い事はよく分かっていますが、十分な期間を保有することもできず、売らざるを得ないような状況に陥った事は非常に遺憾です。

持株会以外は慎重にならざるを得ません

それ以来、気をつけていることは定期預金や株式等、資産として保有していても必要なときにはすぐに使えなければ意味がありません。中期的、長期的に見てどれだけの現金が必要か、キャッシュフローの側面から資産管理を行うようにしました。

そして株式投資に関してはあくまで本当に余剰資金と言うことで余裕がある金額だけを投資に回すことが正しいことだと言う認識に至りました。

もちろん、自社株は長期的に保有していきますし、マンションの売却益で購入した株式についても当面は保有し続けていこうと考えています。仮に、これから余剰資金が出た時はどれだけ株式投資に回すことができるのかは超慎重に考えるつもりにしています。

スポンサーリンク


お問い合わせ

お問い合わせ

月別アーカイヴ

カテゴリー

サイトマップ