株式投資の失敗や悩みをサポート

株式投資の手法や体験談を紹介

【株式投資体験談】逆張りで大きな失敗

長年相場を経験していても迷いはある

株式投資やFX等の投資商品は自分の金融資産を増やす上で大切です。しかし、当然ですが多くの方にとって株式投資やFXは投機的な1面もあります。

私は投資歴約15年、現在会社員の男性です。株式投資に関しては大変長い期間行っています。日本経済の停滞期を体験してきたものとしては最近までの株価上昇は凄まじいものがありました。

長く株式投資を行っている方は、色々な相場の局面を経験しているので、相場の恐ろしさも十分に体験しているのではないでしょうか。少し上がってもすぐに下落するという相場を長く体験してきた投資家にとって、今回のアベノミクスの大きな上昇相場も大変懐疑的に感じた方もいるかもしれません。

自分の都合よく考えた逆張りで失敗

私は正にその状態でした。日本株には何度となく少しの上昇と大幅な下落を経験したきた人間ですので、そのような環境の中ではやはり逆張りで効率よく利益を重ねようという考え方が身についていきます。信用取引を行なう事で高値で売りを行ない、相場の急落に備えて逆張りしながら利益を得る事ができます。

私はアベノミクス相場の上昇局面で、この逆張りを使って相場の下落を予想していました。しかし、今回の相場はいつもと若干様子が異なっていました。想像を超える大きな上昇が訪れましたので、大変大きな上昇相場となりました。

通常では当然下落と考えられるような環境でも継続した上昇が続きましたので、相場歴が長い私でもさすがに焦りました。当然下落という都合のいい考えを相場が許してくれるはずもありません。このような環境を経験する事は中々なかったので、どのタイミングで損をきるべきかどうか大変判断が難しい状況でありました。みるみる内に大きな損失を計上してしまうことになりました。

株式投資は頭を柔軟に、流れに逆らわないこと

信用取引の空売りの失敗は大変致命的です。相場の天井は誰にもわかりません。長年相場を経験してきた方こそ、間違いやすい過ちではないのでしょうか。私自身が頭が堅すぎたために、失敗してしまいました。

相場は次に必ずこうなると決めつけての逆張りは本当に危ないです。根拠ない逆張りはいわゆる落ちてくるナイフを掴むようなものだと実感しました。

常日頃から多くの相場をイメージトレーニングしてきた人間でも中々相場の転換点は読みきれないことを学びました。相場の流れに逆らわず、ロスカットを行なうタイミングやルールをきちんと決める事がやはり重要な事と学びました。

スポンサーリンク


お問い合わせ

お問い合わせ

月別アーカイヴ

カテゴリー

サイトマップ