株式投資の失敗や悩みをサポート

株式投資の手法や体験談を紹介

株の信用取引はリスク管理しないと大失敗する

株式取引は時に仕事やアルバイトでは考えられないような収益があがることがあり、大変多くの方にとって魅力的な取引ですが、その分大きなリスクも伴ってくるので、十分なリスク管理も必要となってきます。

スマホやノートPCでの株式取引等が当然の時代となってきましたので、誰でも気軽に始めやすく、株式投資は注目されやすい環境になってきていると思います。株の魅力はやはりその高い収益性でしょうか。

特に信用取引は証券会社ごとの規定条件を満たせば、大きなレバレッジをかけて株式投資をするできるのですが、反対に大変大きなリスクでもあります。損切りのタイミング等を間違えると大きな損失を被るリスクがあり、さらには追証という恐ろしい通知がくることもあります、、、

普段からリスク管理をして失敗の少ない投資を心がける事が大変重要です。より多くの収入を短期間で手に入れたければ、やはり相応分のリスクを取る必要があるのですが、やはり元金を越える取引を行うにあたってはリスク管理が第一です。生活に支障が出るようなリスクは株でとるべきではありません。

私は現在40歳のサラリーマンで、株歴は約10年です。その間にリーマン・ショックや東日本大震災等、多くの歴史的イベントを経験してきました。

これまで株に対しては多くの失敗と経験を繰り返してきました。最近ではアベノミクスの効果で株式市場は歴史的な大上昇を演じました。私もこの時に大きな買いのポジションを信用買いで行っていましたので、大きな収益を上げる事ができました。

しかし、相場は上がった後で下落はつきものです。高値で掴んだ株が急な下落に見舞われた時こそ慎重な反対売買が必要ですが、それができないと大変な損失を被る事となります。

株の難しさはここにあります。株は最終的には心理戦です。利益を上げている銘柄をどれだけ長く保有して、損失を計上している銘柄をどれだけ短期間で売却を行っていくかが大変重要ですが、それが上手くできないと大変な損害が短期間で自分の身に降り掛かってきます。

私もロスカットが上手くできないが為に、大変多くの損失を計上し、折角上げた収益を台無しにした経験を沢山持っています。特に信用取引を利用し株式投資を行っている時は元金を超えたトレードをしていることがあるため、即座には支払いきれないほどの損失を出すこともありました。

これから株に取り組む方には信用取引は危険なものだと肝に命じた上で、きちんとしたロスカットポイントなどを計画し、リスク管理を行い、チャレンジしていただきたいと思います。

スポンサーリンク


お問い合わせ

お問い合わせ

月別アーカイヴ

カテゴリー

サイトマップ