株式投資の失敗や悩みをサポート

株式投資の手法や体験談を紹介

【株式投資はリスク管理が重要】一国への集中投資で大失敗

海外株も投資対象にし、投資チャンスを広げる

株式投資経験のある方であれば、海外株への投資も可能ということをご存じでしょうか。海外株に対しても、投資できる事は自身の株式投資の幅を広げ、リスク管理にも繋がります。

投資の幅を広げ、収益を上げていくことは有益だと思います。最近では海外株への株式投資も注目されています。海外銘柄も投資家にとって重要な取引になってくると思います。

海外の有望な銘柄に投資を行えるメリットは、日本株が長期低迷の時代には、有望な海外株に投資を行っていく事ができるからです。世界中の市場に投資できることはチャンスが増え、とてもワクワクできます。

しかし、海外株に投資を行っていく場合は注意も十分に必要となってきます。日本株とくらべて異なるリスク要因もあり、常に変化する世界市場の中でどのような対策をする必要があるかどうかは、しっかり戦略を練らないとなりません。

海外特有の地政学的リスク等もあり、判断を間違えると簡単に損失を計上する事になりますし、また為替に関するリスクも大変多いです。収益を上げる事が株式投資の本質ですが、同時に大きな資産を毀損させるリスクもあるのが株式投資・・ということはどこの世界の株でも同じです。

普段から意識して世界中の銘柄をウォッチする事も重要ですが、それに加えて、適宜きちんとしたリスク管理を行っていく事も大変重要な事となります。世界中のマーケットを投資対象とできるなら、一国に全力投資はリスク管理の面からみてもよくないです。

リスク分散しないと大変なことに

思い出すだけで恐ろしいですが、私はリーマン・ショック当時、米国の有望なハイテク関連銘柄に集中投資を行っていました。結果は誰もがご存知の通り、大きな損失を計上して、一時期株式投資から退場せざるをえない状態になりました。

本当にみるみるうちに赤字が大きくなっていったことを覚えています…(涙)
その後はなんとかお金を貯めて再び株式投資の世界に戻ることができましたが、リーマン・ショック以降、一つの国に集中投資せずにリスク分散し、できる限り安全な運用を意識するようになってからは、うまく大きな損失を出すことなく運用できるようになりました。

常に多くの変動が当然訪れるのが市場です。まずは大きな損失を出さないようにするためは、海外株も含めた分散投資でリスク管理をし、自分の資産を守ることがおすすめです。

スポンサーリンク


お問い合わせ

お問い合わせ

月別アーカイヴ

カテゴリー

サイトマップ