株式投資の失敗や悩みをサポート

株式投資の手法や体験談を紹介

【経営者向けの副業】株式投資は会社経営と似ている。

会社経営の傍ら、株式投資を副業として行う

経営者にとって、株式投資は副業として取り組みやすいです。自分でスケジュール管理を行っていけるので、株式投資に割く時間を捻出しやすいからです。株式投資は資産運用の方法の一つでありながら、自分で会社経営をしている方にとっては本業の資金捻出の場でもあると考えています。

私は現在37歳で先代の父親の後を継いで、会社経営者をしています。父の会社を継ぐ前は証券会社に勤めていましたので、その経験を活かして、いつか副業で株式投資をやりたいという考えがサラリーマン時代からありました。

最近のアベノミクス相場の上昇期には大きな利益を上げることができました。やはり信用取引を利用し、自己資本より少し大きな金額で株式投資を行い、上昇期に利益を伸ばすには重要です。自分の相場観に自信があれば大きく投資し、自信がなければ小さく投資することができますので、自分でコントロールできる部分がおもしろく感じます。

日本株への投資はビジネスにも役立つ

特に日本株は誰もが馴染みやすいので、日本人なら誰でも気軽に株式投資を楽しんでいく事ができると思います。FXも副業にされている方もいらっしゃいますが、私は過度のレバレッジは避けたいのとFXは値動きの激しさについていくのが難しいと考えていましたので、副業の選択肢から外しました。また債権や投資信託などは利回りが低いので、割に合わないと考えたのも、株式投資を副業に選んだ理由です。

株式投資は資産形成に便利で楽しいものです。慣れれば短期間で多くの経済的メリットを得る事ができるので、自分の投資スキルを磨く事はそのまま金融や経済等、本業の会社経営やビジネス全般において必要なスキルの習熟に繋がっていきます。最初は売買のタイミングに迷う事も多かったですが、やはり経験を積んでいく事で無理のない取引を行っていけるようになりました。

経営者が株式投資を副業で行なうメリットは存分に時間を有効活用できるという点です。株式投資をフル活用できるようになれば、自社の資金繰りの助けにすることもできます。ネットさえ繋がれば簡単に株式投資を行えるということもあり、移動中や仕事の合間に株式投資の取引を行うことも可能です。

株式投資も自分の会社の一事業と捉える

自分の会社の経営で培った知恵や工夫を持って、株式投資を副業として取り組むことは楽しいです。相場の変化を素早く察知し、上手く対応するということは会社経営においても大切なことです。

株式投資を単なる副業でなく、自分の会社としての1事業部と考えられると楽しくなるかもしれません。相場の流れを読み、過去の値動きを分析し、どのタイミングで投資するかという会社経営でいうところの「事業計画」を立てる。そう考えると「やるぞ!」と気持ちがでてきます。

株式投資にはリスク管理能力や決断力など、経営者にとっても、大変重要な要素がふんだんに盛り込まれているので、副業として、もう一つの事業として継続した学習にもつながると考えています。

スポンサーリンク


お問い合わせ

お問い合わせ

月別アーカイヴ

カテゴリー

サイトマップ